依頼前に疑問を解消しよう!注文住宅の理解しづらい点などを分かりやすく解説します

ここでは、注文住宅で重要になるサービス内容の違いや予算の考え方をアドバイスします。
元々、新築一戸建ての購入時には買主が求める形で設計をしてもらうことが理想です。
しかし、そういったイメージを形に出してもらうためには様々な部分で要求を通す必要があります。
実際に、依頼をする前にはどういった部分で買主側が困るのかもわかりづらいので、最低限の知識を付けてから相談をすることが賢明です。
この点、サービス内容と予算の考え方がわかっていれば最低限の交渉を進めていくことはできます。

依頼前に疑問を解消しよう!注文住宅の理解しづらい点などを分かりやすく解説します

注文住宅の依頼前には、相談する業者がフルオーダーなのかセミオーダーなのかを確認しなくてはいけません。
特に、初心者の人は1から全て考えていくことが難しいと判断する人もいます。
どういった内容で相談できるのかをまずは把握しておいて、その範囲内できちんと決めることが大切です。
また、注文住宅は依頼内容で予算が全く違うのでこの点も依頼前に決めておくのが基本です。
事前に見積もりを出してもらって、契約前に細かくチェックしましょう。

どのような人たちが注文住宅を選択するのか?

注文住宅は技術的な問題さえクリアできれば、自分達が考えた理想の家を実現することができます。
一方で、設計が最終決定するまでの期間や工期も長引く傾向にあり、理想を追い求めていくとコストが高くなることも多くなります。
そのため、注文住宅を選択する人は、家を建てることにこだわりが強いことはもちろんのこと、予算にある程度余裕があり、入居したい時期などにも幅を持って考えられることが求められるでしょう。
また、時間や手間がかかっても、設計や建築を細かく確認しながら、自分達の要求がきちんと反映されているのかどうかをチェックする根気の良さも必要です。
さらに、注文住宅の中でも、ある程度仕様が決まっているセミオーダーではなく、白紙の状態から設計や細かい所まで全部考えるフルオーダーの注文住宅を選択する場合には、家造りのための事前の下準備も入念に行わなくてはいけません。
あらかじめ専門知識がある人や、家造りが初めてではない人などが選ぶことも多いでしょう。

注文住宅の契約を済ませる手順とは

比較的大きなお金を使うことが一生のうち何度かあるかもしれませんが、そのうちの1つが注文住宅の建築かもしれません。
注文住宅でも全ての人が建築するわけではなく、ごく1部の人が建築するだけです。
しかしもし自分がその立場であった場合には、事前に様々なことを勉強しておいた方が良いです。
具体的に述べると、まず手順を理解しておいた方が良いでしょう。
通常契約をする場合には、住宅ローンを組むかどうかといった部分が大事になります。
例えば金銭的にそこまで余裕がない場合には、ローンを組むのも1つの方法かもしれません。
この場合には、まず審査に通さなければいけないことになります。
この審査はなかなか簡単に通るわけではありませんが、不動産会社の人に話を聞けば、概ね通りやすいかどうかわかるでしょう。
過去に債務整理などをした経験がある場合はかなり不利に扱われますので、気をつけておかなければいけません。
もし審査に通った場合はその後物件の本契約と言う形になるわけです。
その結果、理想の住宅を手に入れることができるかもしれません。

注文住宅の依頼から入居までの期間

注文住宅のデメリットといえる点の一つは、入居して生活がはじめられるようになるまで非常に長い期間を要することです。
どれくらいかかるかは建てたい注文住宅の内容に応じて変わってきますが、工事を依頼する工務店やハウスメーカーを決めるのに平均で2~3ヶ月、施工業者との打ち合わせを開始してから建築確認申請を経て着工するまでに2~4ヶ月程度かかる傾向にあり、建物の建設工事やそれに付随する工事は4~6ヶ月程度かけて行われます。
したがって、業者に依頼してから入居までの期間は、平均的なケースでも1年から1年半程度となります。
業者の決め方や選択する工法、使用する建材のチョイスの仕方などによっては、平均より短縮させることが可能ですが、それでも8~9ヶ月程度はかかります。
どうしても現在住んでいる所から早く移り住みたいと考えているのであれば、建売住宅や分譲マンションなど、既に完成している物件の中から購入するものを探すのも一考です。

注文住宅を建てるエリアの選定基準

せっかく注文住宅を建てるなら、土地から徹底的にこだわりたい、こんな方も少なくありません。
ただし素人の方にとっては、理想的な土地を見極めるのは、なかなか難しいのが現実。
そのため通常は不動産会社やハウスメーカーに依頼することになりますが、それでも事前に自分たちの希望や条件を整理した上で、大まかなエリアまで決めておけば、業者との打ち合わせもスムーズになるはずです。
この点、注文住宅の予定地にすべきエリアを選ぶ基準は、施主のニーズや条件によってそれぞれ異なると言わざるを得ません。
例えば交通やお買い物といった日常生活での利便性を求めるなら、駅やバス停から近く、周囲にスーパーのような商業施設が充実する、そんな地域を選ぶことになるでしょう。
あるいは住まいの安全性を重視する場合には、地盤や地質そして地形などに優れ、地震や河川氾濫といった災害に強い地域を、また暮らしの安全性では治安の良い地域を選ぶのが理想でしょう。
この他にも日当たりや風通し、または容積率や高さ制限のような建築制限の有無など、土地選びでは施主ごとに様々な基準が考えられます。

施主の意向を注文住宅の設計に反映

注文住宅は、通常の建設や物件購入と全く異なります。
これは、施主の要求を最大限に設計に組み込むことができるからです。
注文住宅というのは、文字通り1から設計を行うことができるもので職人と一緒に打ち合わせを行うことができます。
この範囲は非常に幅広く、例えば素材から考えていくことができますので文字通りその物件を理想的なものに近づけることができます。
通常ならば実現することができないような要求であったとしても、注文住宅であるのならば簡単に通すことができるためコレは大きなメリットといえます。
例えば、素材で利用してほしいものがある場合にはそれをあらかじめ伝えることができますし、設計上で必ず欲しい間取りが存在する場合にはそれを要求することが可能です。
注文をする業者によっては、建設に入ったとしても修正したい箇所を伝えることで対応してもらえるところもありますので、非常に自由度が高くてメリットの多い住宅購入方法の1つといえます。

注文住宅を共同名義で建てるメリット

注文住宅を建てる場合、名義の登記に関しては単独名義と共有名義の2つの方法があります。
通常は単独名義のことが多く、収入が多いパートナーの名義で登記するようになるのですが、近年では共同名義で注文住宅を建てることが増えてきました。
注文住宅を共同名義にするメリットは、住宅ローン控除が夫婦それぞれ受けることができる点がまず挙げられます。
この方法は共働きであることが前提であり、夫と妻それぞれの所得税と住民税において住宅ローン控除が使えるため単独に比べると減税額が多くなります。
相続の面においても節税になることが多いです。
共同にした場合、お互いの持ち分割合は注文住宅を購入するために支出した資金の割合で決めているため、贈与される部分が少なくなり、どちらか一方の持ち分のみが課税対象財産となるため節税することができます。
どちらも税制上のメリットを得られますが、共働きであることが前提となるので、共同の場合は将来のことを考えつつ検討することが望ましいです。

注文住宅でよく使われる木材の種類

木材はコンクリートに比べて強度は劣りますが、軽いうえに湿度の調整や断熱性といった機能を持っており、さらには温かみのある住宅に仕上がるということで注文住宅でも選ばれています。
よく使われる木材を大別すると、針葉樹と広葉樹に分けられます。
前者の針葉樹は柔らかく軽量で容易に加工でき、まっすぐ伸びるゆえ長材を容易に確保できる特徴があります。
それに対し、後者の広葉樹は硬く、長材を確保しにくいため建具や家具に利用されることが多いです。
針葉樹のうち、注文住宅でよく用いられるのはヒノキやスギ、ヒバ(アスナロ)、マツなどです。
湿度に強く、ヒノキやスギなどが持つ香りには防虫効果があります。
そして、これらは建物の土台や柱などの構造部分に用いられるのが一般的です。
一方、注文住宅で活用される広葉樹の代表格はクリやケヤキ、ナラ、サクラなど。
床材や家具などに使用されることが多く、割れやすいクリや狂いが生じやすいケヤキを使う場合には高い乾燥技術や加工技術が求められます。

注文住宅にかけられる一般的な保険

注文住宅にかけられる一般的ものは、通常の住宅とほとんど変わりません。
具体的には地震や火災家財など、建築物や家財に対しての補償をするための保険です。
とはいえ、注文住宅については間取りや面積などが様々なので保険料という意味では価格は変わってきます。
これらは範囲も例えば火災であれば、火災だけでは無く水害や盗難、破損など複数の際が言い対してカバーしている種類もあるので環境を確認しながら検討すると良いでしょう。
ポイントとしては評価額と呼ばれる災害によって失った場合と同程度の補償にすることで、それ以上にすればその分災害の際に金銭が支払われることもありますが超過分の多くは無駄になります。
検討の際には十分に吟味の上行う音で無駄のない適切な注文住宅にかけることができるため、事前の下準備は非常に重要です。
通常だとファイナンシャルプランナーや、専任のスタッフに相談すればたいがいのことは解決するのでまずは専門店に行ってみることをお勧めします。

注文住宅に不備を発見した場合の対応

注文住宅で不備を発見した場合の対応は、見つかったタイミングによって変わります。
工事中に発見された場合は、それを業者に指摘すれば施工をきちんとやり直してもらうことができます。
追加費用を請求してくる可能性はありますが、応じる必要はありません。
注文住宅が完成した後から引き渡されるまでの間に発見した不備についても、指摘すれば補修工事を行ってくれます。
ただし、既にできてしまった建物を一部壊してやり直すことになるため、工事の規模によっては入居可能になる時期が大きく延びる可能性があります。
もし、工事が長期にわたるようであれば、引き渡しを受けた後に契約不適合責任(瑕疵担保責任)を追及した方が良いかもしれません。
引き渡しを終えた後に不備を発見した場合は、施工業者に契約不適合責任を追及していくことになります。
具体的には、不備があった箇所を設計通りに補修してもらうか、請負代金の減額や損害賠償の支払いを求めます。
相手の対応が不十分であれば、訴訟などの踏み込んだ措置をとって責任を問う必要がでてくる可能性があります。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅のサービス内容

ここでは、注文住宅で重要になるサービス内容の違いや予算の考え方をアドバイスします。元々、新築一戸建ての購入時には買主が求める形で設計をしてもらうことが理想です。しかし、そういったイメージを形に出してもらうためには様々な部分で要求を通す必要があります。実際に、依頼をする前にはどういった部分で買主側が困るのかもわかりづらいので、最低限の知識を付けてから相談をすることが賢明です。この点、サービス内容と予算の考え方がわかっていれば最低限の交渉を進めていくことはできます。

Search